個人輸入代行は違法ではない?

「個人輸入代行は違法ではない?」のイメージ画像

日本では、処方箋を必要とするような医薬品は、処方箋が必ず必要になるものですし、そうした医薬品を処方箋無しで販売したりすることは問題となってしまいます。
また、薬局以外では処方箋が必要となる医薬品を取り扱うことはできません。

そのため、イベルメクチンを病院を介さずに手に入れることができる個人輸入代行のサービスですが、個人輸入代行のサービスを利用することは法的に問題ないのか?と考える方がいるわけです。

実際のところ、この個人輸入という行為自体は法的にも認められている行為で何一つ問題はありません。
個人輸入代行のサービスについても、直接的な医薬品の売買とは違うためこちらも法的に問題となることはないのです。

そのため、個人輸入代行のサービスを利用してイベルメクチンを購入しても、何かしらの罪に問われるなんて言うことはないので、ご安心ください。

ただし、一つだけ注意しなければならないポイントがあります。
それが、個人輸入は個人使用を目的とした時のみ認められているということ。
そのため、輸入した医薬品を第三者に販売したり、譲渡したりすることは違法となってしまいます。
当然、第三者の誰かに代わって医薬品を輸入する行為も違法となるため、そうした点にだけ気を付けていれば、安心して利用していただけます。


上へ戻る